• 2022年の展示予定

    コロナによって変更可能。

    さらなるイベントが計画されていますが、まだ確認されていません。

  • 2022年5月27-29日 ニッポン・コネクション

    22. ニッポン・コネクション (24. – 29. Mai) フランクフルト, Naxoshalle(ナクソスハレ)

  • 2022年9月10・11日 ムスバッハ

    ヘレンホーフ・ムスバッハ (Herrenhof Mussbach)にて”デザインと造形・ムスバッハ 2022″, ノイシュタット・アン・デア・ワインシュトラーセ (Neustadt an der Weinstraße – Mussbach), 11 – 8時

  • 202210月02日: 日本デー

    日本の日(日本デー):フランクフルト独日会の日本デー、日本を紹介する日。詳細は後日発表します。

  • 2022年10月29・30日 クロースター・エババッハ

    クロースター・エババッハ(Kloster Eberbach、元修道院)にてアート・フェア ”ファイン・アーツ・エルトビル2022“、エルトビル・イム・ラインガウ(Eltville im Rheingau)

  • 2022年11月12・13日 オフェンバッハ・ザメルズリウム

    オッフェンバッハのタウンホールにて35. “オッフェンバッハ・ザメルズリウム(Offenbacher Sammelsurium)”

  • 2022年11月25-27日 アートイベントマインツ

    マインツ古代海運博物館にて”デザインと造形・マインツ – アートイベント2022″ , 11 – 18 時

うるし 漆 = 天然樹脂塗料

日独の芸術家フッター・ステファニーは、木彫家として形や表面、素材などを扱い始め、日本の天 然ニスである漆にたどり着きました。伝統的な日本の技法を使用しながら現代的なデザインで絵 画やオブジェを制作する、彼女の選択の素材となりました。 伝統的な作業方法と現代芸術的なオリエンテーション、そしてアジアと西洋のデザインの組み合 わせは、ユニークな作品を生み出します。工芸を本にした芸術を作成することがモットーです。日 独の影響を受けた美学を通して、典型的な日本や西洋の芸術を作るのではなく、その間の道を 選び、新しく実験する思いです。